漢方歯科医学研究所の
3つのポリシー

1 プライマリ・ケアの実践

プライマリ・ケアとは、「基本的治療」という意味で、「近接性」・「包括性」・「協調性」・「継続性」・「責任性」という5つの理念により成り立っています。しかし今の日本の歯科では、残念ながら継続性だけが遅れています。

現在のように歯の状態が悪くなるたびに病院に通い、治ったら終わりという受診の仕方ではなく、予防を含めて治療の一貫性を保つことが大切であると考えています。

2 全身から口腔を診る

口腔ケアは全身管理の基本。そして全身の調子を整えると口腔内もいい状態に。

漢方歯科医学研究所では、口腔内だけ独立して診るのではなく、「からだ全体」に対する医療の中の「歯科」という位置づけで治療・研究開発をおこなっています。

チーム医療によって見る・聞く・話す・食べるといった生活の基本をケアし、患者様お一人おひとりの生活の質を向上させるためのサポートをしていきます。

3 東洋医学の考え方を取り入れる

西洋医学はすでに発生している症状を治療すること、東洋医学では予防をすること、という考え方があります。
その間を埋めていく研究のため、漢方の『未病』という病気になる前のちょっとした体の不調から、全体のひずみを正していこうという考え方を取り入れています。

口腔内に及ぼす治療や処置が体にどう影響していくかについて、患者様の生活習慣も含めて病気の原因の背景を正すことが重要です。

> 漢方歯科医学研究所とは

3つのポリシーを実践するための
予防歯科の研究と器材の開発

漢方歯科医学研究所では3つのポリシーを実践するにあたり、皮膚科の塗り薬や眼科の目薬のような位置づけで歯科でも患者様の状態に応じて処方できる製品が必要だと考え、漢方のうがい薬や抗菌オーラルブラシ、マスティック歯磨きジェルなどを開発、日本だけでなく、欧米においても特許を取得しました。

> 予防歯科の研究と器材の開発

口腔ケア製品のご案内

オンラインショップでお買い求めいただけます。
※漢方うがい薬はオンライン販売しておりませんのでお問い合わせください。

マスティックデンタルジェル

抗菌オーラルブラシ

インプラケア

漢方うがい薬

※オンライン販売を行っておりません。ご希望の方はお問い合わせください。

arrow_upward